【レビュー】コスパ最高「LucaSng」のウッドストーブ

LucaSng ウッドストーブキャンプ道具

以前、記事にしたキャプテンスタッグのファイアブーストストーブ。

私

あれはあれでいいんだけど、もう少しコンパクトな円柱型のウッドストーブが欲しい!

ってことで探すことに。

円柱型のウッドストーブと言えばソロストーブが有名ですが、高いので中華製のものを探しているといいもの見つけちゃいました!

「LucaSng」のウッドストーブがコスパ最高だったので、ご紹介します。

スポンサーリンク

「LucaSng」のウッドストーブのスペック

「LucaSng」のウッドストーブは小型~大型まで3種類のサイズがあります。

小型中型大型
サイズ組立時 直径13.5cm×高さ21cm
収納時 直径14cm×高さ8cm
組立時 直径17cm×高さ26cm
収納時 直径17cm×高さ11cm
組立時 直径20cm×高さ31cm
収納時 直径20cm×高さ12cm
材質ステンレス鋼ステンレス鋼ステンレス鋼
重さ500g800g1.1kg
耐荷重10kg20kg20kg

各パーツはご覧のとおり👇

LucaSng ウッドストーブ

これにあと収納袋、火吹き棒が付いてきます。

組み立て方は簡単で、各パーツをただ重ねるだけ。

LucaSng ウッドストーブ

「LucaSng」のウッドストーブを実際に使ってみた

今回燃料は木質ペレットを使用しました。

ペレット

コメリで10kg¥648で販売されていました。

ペレットを火床に敷き詰めます。

LucaSng ウッドストーブ

火床の穴から多少は下の灰皿に落ちてしまいますが、火をつけたら落ちたペレットにも燃え移ってくれました。

二次燃焼もしっかり起きます。

LucaSng ウッドストーブ

約15cmのケトルを乗せた時のサイズ感。

LucaSng ウッドストーブ

私は中型を購入しましたが、大きすぎず小さすぎずソロで使うにはいいサイズだと思います。

「LucaSng」のウッドストーブのメリット&デメリット

メリット

  • 安い
  • バリがない
  • 軽量コンパクト
  • 耐荷重がある
  • 投入口があって薪が入れやすい
  • 灰皿、火吹き棒付き
私

この手のタイプで灰皿が付いているのは珍しいよ!

デメリット

特に今のところありません。

耐久性はこれからもっと使っていかないとわかりませんね。

ただ1点注意しなければいけないのは、灰皿があるとはいえ地面へのダメージはかなりあります。

使用する際は焚き火シートなどを敷きましょう。

まとめ

中華製の「LucaSng」のウッドストーブは、安いのに作りがしっかりしています。

安いウッドストーブを探している方にはホントおすすめですよ!

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました