キャプテンスタッグのファイアブーストストーブで二次燃焼を楽しもう!

ファイアブーストストーブキャンプ道具

キャンプに行ったら必ず焚き火をやるんですが、煙が多くて・・・

どうやらウッドストーブというのは煙の発生が少ないとか・・・?

ってことで、キャプテンスタッグの「ファイアブーストストーブ」を購入したので、そのお話です。

購入を検討されている方に参考になれば嬉しいです。

ファイアブーストストーブ
スポンサーリンク

ファイアブーストストーブ

ファイアブーストストーブとは、日本のアウトドアメーカー「キャプテンスタッグ」から販売されている煙突効果と二次燃焼により燃焼効率に優れたウッドストーブです。

ファイアブーストストーブ

出典:キャプテンスタッグ公式サイト

二次燃焼って?

二次燃焼系の焚き火台って人気ですよね。

私、今回購入するまで二次燃焼の仕組みを知りませんでした。

二次燃焼ってそもそも何なの?

二次燃焼図

出典:キャプテンスタッグ公式サイト

焚き火で薪が高温に熱されると可燃ガスが発生します。この可燃ガスが燃えることを一次燃焼と言います。一般的な焚き火はこれです。

燃え残った可燃ガスと高温の空気により燃焼することを二次燃焼と言います。

仕様

ファイアブーストストーブの仕様はこちらです。

組立サイズ幅25cm×奥行22cm×高さ28cm
収納サイズ幅37cm×奥行38cm×厚さ8cm
重量2.3kg
素材本体、炭受け:ステンレス
網、ゴトク、目皿:鉄

このウッドストーブは、折り畳んで収納でき、網やゴトクなどの付属品は全て折り畳んだ隙間に入れられます。

収納バッグも別売りではなく、付属されているのもいいですね!

また、同メーカーのグリルプレートやダッチオーブンなどがジャストフィットで載せられ、様々な使い方ができます。

オプションパーツ

出典:キャプテンスタッグ公式サイト

実際に使ってみた

先日のデイキャンプで実際に使ってみました。

ウッドストーブ

まず、組立が本当に簡単でした。

折り畳まれている本体を広げて底板をはめて、ロストルをセットするだけ。

数秒で完成です。

薪や小枝を適当に入れ、着火させましたがよく燃えてくれました。

火力が強く、お湯がすぐ沸きますし、正面に座っていると暑いくらいでした。

このストーブの幅が25cmで、一般的に売られている薪は40cmくらいあるので、のこぎりで切る必要があります。

今回使用した薪は、コメリで販売されている「細割薪 23cm」という薪で、切らずにそのまま使えたので楽でした。

写真では二次燃焼がわかりづらいですが、しっかり二次燃焼されてました。

実際に使ってみて良かった点・悪かった点はこちらです👇

【良かった点】

  • 組立が簡単
  • よく燃える
  • 煙が少ない
  • 風の影響が少ない

【悪かった点】

  • なし

個人的に悪い点が見つからなかったです。

あまりにも簡単によく燃えてくれるので、人によっては火を育てる楽しみがないのが不満かもしれません。

最後に

今回は簡単によく燃え、二次燃焼を楽しめるキャプテンスタッグの「ファイアブーストストーブ」をご紹介しました。

二次燃焼系の焚き火台を探している方は選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました